HOME > 香椎りあ > 香椎りあ 親族相姦 きれいな叔母さん

香椎りあ 親族相姦 きれいな叔母さん

親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ

達也は夏休みを利用して叔母・りあの家に遊びに来ていた。優しくて美しいりあは達也にとって幼いころからの憧れだったが成長した今、その感情は大人の男が一人の女性に抱くものへと変化していた。だが叔母には旦那さんがいる。達也はどうすることもできず悶々とした感情を抱え込んでいたが…そんな達也の心情を知ってか知らずか、りあは思いがけない提案をする。「昔みたいに一緒にお風呂に入ろっか?」

サンプルムービーが見れない場合はこちら


出演:
香椎りあ
リリース日:
2017/09/24
収録時間:
87分 (HD版:87分)
監督:
ペータ☆
シリーズ:
親族相姦
メーカー:
VENUS
レーベル:
I*CE*T(ヴィーナス)
品番:
venu00722
平均評価:
4点
配信サイト:
FANZA
ジャンル
人妻   近親相姦   中出し   熟女  
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene1
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene2
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene3
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene4
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene5
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene6
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene7
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene8
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene9
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene10
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene11
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene12
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene13
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene14
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene15
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene16
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene17
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene18
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene19
親族相姦 きれいな叔母さん 香椎りあ-Scene20

ユーザーレビュー

  • クール・ビューティーな貌立ちと裏腹に黒々と密生した陰毛が淫ら

    大学の夏休みに叔母「香椎りあ」の家に遊びにいく「達也」(タツ)。帰宅したりあの夫にも、歓待される。
    寝室で紫のスリップを着て夫にねだるりあは、疲れていると拒まれる。それでも、馬乗りになって耳元で淫語を囁き、耳朶や乳頭を舐める。尻コキし、陰嚢や陰茎をしゃぶり、手コキして暴発される。達也に盗み見られる。
    リヴィングでりあが氷かき器で削り出して苺のシロップと練乳を掛けたかき氷を、達也はふるまわれる。りあが口元から垂らす練乳から精液を連想して、りあと舌を絡める妄想に耽る。胸を揉んで谷間に顔を埋める。白いキャミソールをたくしあげて腹をねぶる。紺地に白くアラベスクを刺繍したブラをずりさげて、乳首を吸う。白地にグレーの花柄のスカートをまくって、太腿や股間をさする。ショーツに手を突っ込む。ショーツを脱がして即舐め、指マン。乳頭や陰茎をしゃぶられる。正常位、浮橋、後背位、騎乗位、正常位で中出し……。「達也、達也」とりあに呼ばれて、我に返る。
    湯船に浸かれば、「久しぶりに一緒に入ろうよ」とりあに乱入されて、慌てて眼をそむける。
    だが、洗い場でシャワーを浴びるりあに、つい眼を奪われる。たまらず、湯船から出て背後から抱きつく。シャワーを止めたりあに、「ちょっ、ちょっと、達也、どうしたの?」と抗われながら、巨乳をしだいて手マン。首筋や耳朶をねぶる。箍が外れたりあに、手コキされて、舌を絡める。跪いたりあに、吸茎、手コキされて胸射。
    縁側で涼みながら、「さっきのことはあの人には内緒ね」と念を押されて、頷く。「……じゃ、帰るね」とキャリー・バッグを曳いて立ち去りかけて、和室で背後から抱きつかれる。振り返って唇を重ね、胸を揉む。水色のタンクトップと黒地に白い花柄のミニスカを脱がし、谷間に顔を埋めて胸をしだく。白いブラを外し、巨乳を揉んで乳首を吸い、股間をさする。ショーツの股布を絞り上げ、尻たぶをしだいて、アナルを指先でなぞる。ショーツを脱がして背中や尻たぶやアナルや陰核を舐め回し、指マン。乳頭や陰嚢や陰茎をしゃぶられて、69。正常位、対面騎乗位で腰を振られ、花時計で背面騎乗位にし、後背位、撞木反り、後側位、屈曲位で突きまくる。正常位で「あっ、あっ、あっ、あっ、一緒に、一緒にイコう」「いい?」「いいよ、出して……あっ、あっ、あ、あ、あ、あぁっ」「あぁ駄目っ、あぁイクッ」と膣内射精して、べろキス。

    by コンパスさん