HOME > 黒木いくみ > 黒木いくみ 断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち

黒木いくみ 断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち

断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ

次々と、凶悪な人身売買組織に堕とされていく屈強の女捜査官たち。管理官の松宮玲奈は怒りに討ち震えていた。そんな時、予期せぬ人物から手かがりとなる1本の電話が鳴る。情報を便りに行き着いた先は、禍々しい廃墟であった。なんとそこは、玲奈を絶頂地獄へと誘う、世にも恐ろしい鉄枷快楽拷問が待ち受けていたのである。玲奈の鉄壁の心をも打ち砕く、淫魔の雄叫びが聞こえた…。

サンプルムービーが見れない場合はこちら


出演:
黒木いくみ
リリース日:
2018/07/22
収録時間:
114分 (HD版:114分)
監督:
Koolong
シリーズ:
轟沈鉄枷地獄
メーカー:
BabyEntertainment
レーベル:
RED BABE
品番:
dber00010
平均評価:
4.5点
配信サイト:
FANZA
ジャンル
縛り・緊縛   拷問   辱め   羞恥   女捜査官  
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene1
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene2
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene3
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene4
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene5
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene6
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene7
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene8
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene9
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene10
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene11
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene12
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene13
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene14
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene15
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene16
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene17
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene18
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene19
断末魔の女体は奈落に沈む 轟沈鉄枷地獄 EPISODE-03:捜査局女性幹部、玲奈の拷問恐慌残虐堕ち 黒木いくみ-Scene20

ユーザーレビュー

  • まずまず

     黒木いくみさん・・なかなかいいんだけれど・・彼女が映えていない・・というか・・全体にごちゃごちゃして迫力を落としている。もったいない。
     たとえば・・着衣・・後の方まで上着よりも順に脱がせる方が・・という感じ。拘束具の一部は凝りすぎ・・彼女のきれいな裸身を良く見せるようにしないと映えない。
     悪くはないが素晴らしくもない・・というところか。

    by bonjinさん