柳みゆう 犯された女格闘家3

犯された女格闘家3 柳みゆう

幼い頃から格闘技界でレジェンドと言われていた父に、指導を受けてきたみゆう。やがてみゆうも格闘技界で無敗の女王と言われるようになった。しかし、試合中対戦相手の男を殺してしまい…。団体を追放されたみゆうは、荒くれ者が集まる地下格闘技界に身を置いていた。殺された男の婚約者だった佳織は、みゆうへの復讐を企て、非合法の試合を組み…。

サンプルムービーが見れない場合はこちら


出演:
柳みゆう
リリース日:
2018/12/29
収録時間:
119分 (HD版:119分)
監督:
前田文豪
シリーズ:
犯された女格闘家
メーカー:
アタッカーズ
レーベル:
死夜悪
品番:
shkd00829
平均評価:
2.75点
配信サイト:
FANZA
ジャンル
辱め   格闘家  
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene1
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene2
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene3
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene4
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene5
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene6
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene7
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene8
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene9
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene10
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene11
犯された女格闘家3 柳みゆう-Scene12

ユーザーレビュー

  • ストーリー展開の順番を誤っている

    汚い手で父を引退に追いやった因縁の男とのクライマックス試合の前に、すでに凌辱されてしまっているのが誤り。それまでに数人の男を次々と倒して無敗の女王ぶりを際立たせる展開にしておかないと、「強い女が最後に徹底的にヤラれる」エロさが表現出来ないのではないか。
    覚醒剤入りの筋肉増強剤?で本来の力を発揮できないヒロインという設定はいいとしても、それはクライマックス試合で使用するべき。因縁の男に返り討ちにされるテイストもそれでこそ生きる。柳みゆうが日明け跡の残るアスリート体型でなかなかの格闘家ぶりを見せているだけに惜しい。
    ストーリーはかつてみゆうによって死に至らしめられた男の婚約者(持田茜)の復讐劇とも捉えられる。因縁男によって返り討ちにされ、みゆうがそれまでに叩きのめした数人の男たちからぶっかけを浴びたうえに、持田の聖水でトドメを刺されるような刺激的な演出で終わらせてほしかった。

    by 小振りさん

  • 普通に傑作

    みゆうちゃんが汗だくになってヤラレてるのに勃起。相手の男性もガチ強そうで犯されてる感ハンパなく勃起。
    前田文豪映像クオリティ高くて勃起。
    勃起がおさまらない。

    by やおまさゆきさん

  • 足りない

    このシリーズ全部に言えるけど、せっかく強い女を犯すっていう最高の設定なのに、まんぐり返しにしてマンコ舐めるシーンが短すぎる。そのシーンが短いから犯されてる感が出てないし、なによりエロさがない。
    まんぐり返しにしてマンコ舐めるシーンの時間長くしないとこのシリーズに魅力はないと思う。

    by purplemayonnaiseさん

  • 全体的に黒っぽい

    柳みゆうのアスリート的肉体美は魅力的だが、設定はもう少しシンプルでもいいのでは。興奮を高める要素になっておらず、絡みそのものの興奮度も低い。
    この監督の特色なのかもだが、画面が黒っぽい。照明の当て方も衣装も、全体的に黒いのもマイナス点。
    「強い女」を力づくで犯すというコンセプトはよかった。

    by えんがわ9さん