篠宮ゆり 【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります

【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり

すごくかわいくて性格良くて感じやすくて感謝の気持ちを忘れないで気遣いすごいんです!チ○ポの隅々を唾液たっぷりにしゃぶりつくす。オマ○コの肉ひだでチ○ポロックオン。分かりづらいですが汗もかいて欲望の限りを尽くしていただいて…何回も抱きたい…正直本当にいい女なんです。この狭い車内は本当に欲望をむき出しにさせてくれます。ぜひご覧ください!こっそりお○っこ漏らしてます…ハメが気持ちよすぎてもっと見せたかったのですが発射しちゃいました。物足りないかもですがすみません。反省です。

タイトル:
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり
出演:
篠宮ゆり
リリース日:
2019/03/14
収録時間:
49分 (HQ版:49分)
監督:
トグサ
シリーズ:
----
メーカー:
VR総研9課
レーベル:
VR総研9課
品番:
h_1337wvr9c00008
平均評価:
4点
配信サイト:
FANZA
ジャンル
ドキュメンタリー   カーセックス   学生服   ハイクオリティVR   VR専用  
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene1
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene2
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene3
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene4
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene5
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene6
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene7
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene8
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene9
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene10
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene11
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene12
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene13
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene14
【VR】VR これからこのカワイイ娘をクソ狭い車内へ連れ込みこっそり好きなだけ抱きまくります 篠宮ゆり-Scene15

ユーザーレビュー

  • 臨場感と場面設定に引き込まれます

    真夏の炎天下シリーズかと思いきや、そうではなく別物扱い。監督も一緒なので安心して購入。撮影時季のせいか、汗だくのセックスではないこととセリフが多少あること以外は同じシリーズと思っても問題ありません。この程度のセリフなら流れを邪魔せず、演じてる感もないのでむしろプラスに働いています。カメラ位置を変えずに流れを止めずに撮影しているようで、それによるプラス面は臨場感が損なわれないことですが、体をもたれかけてくるシーンではカメラが僅かに高い気もします。背の高い人が見れば違和感はないかも知れませんが。。。また正常位の時も最近の作品ではカメラを近づけて覆い被さりのアングルで撮るものがありますが、それはありません。カメラ位置を変えていないので、距離が遠いと感じる方もいるかも知れません。これを差し引いても良作だと思います。男優がゆりちゃんの髪をかきあげたり、顔を愛撫するシーンもリアリティーがあり良いです。アイドルのように常にニコニコ笑顔の作品と違い、素のセックスをしている気分になれます。男優が完全にマグロで自分が一方的に責められる作品より、女優さんが本気で感じているような作品が好みなのですが攻守のバランスも良いです。篠宮さんの作品は最近他に2つ購入しましたが、繰り返しみるのはこちらの作品になるかと思います。

    by makbbさん