HOME > 多数 > 松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい

松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい

アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい 松本いちか あおいれな

可愛い娘はアナルまでも可愛い!デカ尻にしわの一本一本まで数えられるほど近くにあるケツ穴。右を見ても左を見ても目の前には菊が拡がる。普段は出来ない尻穴を見ながらの尻コキ!顔面騎乗で菊門押し付けられ香りまでも堪能出来きる!勃起したチ○ポをマ○コが優しく包み込み中出し!二人に痴女られるからこそ可能な尻もマ○コも楽しめる贅沢なエステ。モザイク処理もギリギリまで頑張りました!!思う存分アナル眺望絶頂をお楽しみください。※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。

サンプルムービーが見れない場合はこちら


タイトル:
アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい 松本いちか あおいれな
出演:
松本いちかあおいれな
リリース日:
2021/01/23
収録時間:
162分
監督:
トレンディ山口
シリーズ:
----
メーカー:
痴女ヘブン
レーベル:
痴女ヘブン
品番:
CJOD-278
平均評価:
3.8点
配信サイト:
FANZA
ジャンル
アナル   中出し   エステ   お姉さん   3P・4P  
松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい -Scene1
松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい -Scene2
松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい -Scene3
松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい -Scene4
松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい -Scene5
松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい -Scene6
松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい -Scene7
松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい -Scene8
松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい -Scene9
松本いちか あおいれな アナル見せつけWデカ尻メンズエステ 可愛い子の卑猥なケツ穴を眺めて何度も射精したい -Scene10

ユーザーレビュー

  • アナル・・が主役ではない

    「デカ尻にしわの一本一本まで数えられるほど」
    とあるが実際そこまでのアップは作品内にないし、アナル見せつけも特化してるほどでもない。説明文に書いてあるのはあくまで男優視点でこちら側の視点ではない。勿論見せつける場面はあるがアナルをタイトルに付けるくらいならもっと拘りな映像スタイルにして欲しい。

    by suctさん

  • 物凄く………

    とにもかくにも、物凄く評価が難しい作品に仕上がってしまいました…
    パッケージで、仕上がりを物凄く連想させられるのですが、タイトルにある様な”何度も”迫られない上に、160分で5シーンというオムニバスで展開され、だいぶ尺の切り分けが難しいと感じるほど慌ただしく進められ、各シーンの衣装はどれも素晴らしいし、髪型もなかなか良いのですが、詰め込み過ぎたと感じます。
    第1シーンはオーソドックスな制服とパンストアレンジでの施術。
    第2シーンはセクシードレスでの施術。
    第3シーンはスカーフと高級ランジェリーでの施術。
    第4シーンはスカーフと白ビキニでの施術。
    第5シーンはセクシーミニチャイナでの施術。
    これだけ見ても豪華なのですが、豪華過ぎるゆえにプレイの観点からすると似た展開のカットが増えて残念です。
    第2・4・5シーンだけに収束しても作品的には良かったのではないかと。
    オムニバスの利点は、各々のシーンでは異なる映えを魅せるという”切り替え”に尽きるのですが、ちょくちょく他のシーンで見れるカットを見せられると”蛇足”じみた感じになります。
    二人の見せ付けやプレイを楽しめるという観点からすると第2・4・5シーンが適切で、他のシーンのプレイは、そちらに盛り込めた気がしてなりません。
    オムニバスでシーン数を多くして、異なる姿を魅せられる良さもありますが、反面、プレイに突入する際に導入するカットも増えるため、ムダというか被る内容のカットが増えてしまう悪さもあるので、巧く編集をしないと良さより悪さが目立ってしまいます。
    プレイそのものや”見せ付け”、あるいは二人の連携は及第点だと思いますが、特化してると言えるほどの”見せ付け”にならず、また主観と客観が細かく入り交じり過ぎるので、もう一歩二歩”見せ付け”に、こだわった方がよろしかったですね。
    チャレンジ精神は高く評価しますが、いかんせん、この演出だと…全体的に客観で、行く時は見ながら(見せ付けられながら)主観で終わるぐらいが良かったかと。
    例えば、第1シーンで、れなに尻を押し付けられ顔面騎乗したいちかに手コキイキさせられる際も、いちかが四つん這いで手コキイキさせ男優の目線主観で、いちかに見せ付けられつつれなの痴態を見ながらいかされると素晴らしかったかと。
    コンセプトに非常に感銘しただけに残念です。

    by TA-KUMAさん