HOME > 未分類 > 松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し

松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し

博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し 松井さあや

ニコニコ笑顔の天真爛漫博多出身美少女がナマ中出し解禁!!「気持ちいいこといっぱいしたいんで、中出しウェルカムです!早くしたい!!」と無邪気に嬉しそうに話す彼女のマンコに生チンポをずっぷり挿入!!形のいいキレイなおっぱいをプルプル揺らして杭打ち騎乗位!!「騎乗位が一番気持ちよくて好き」と話すさあやちゃんのエロい腰づかいがヤバい!!男優陣も惚れ込む騎乗位テクで中出し精子を楽しそうに搾り取っていました!!※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。

サンプルムービーが見れない場合はこちら


タイトル:
博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し 松井さあや
出演:
松井さあや
リリース日:
2021/01/23
収録時間:
120分
監督:
豆沢豆太郎
シリーズ:
はじめてのナマ中出し(本中)
メーカー:
本中
レーベル:
本中
品番:
HND-938
平均評価:
4.4点
配信サイト:
FANZA
ジャンル
デジモ   中出し   美少女   オナニー   3P・4P   騎乗位  
松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し -Scene1
松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し -Scene2
松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し -Scene3
松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し -Scene4
松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し -Scene5
松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し -Scene6
松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し -Scene7
松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し -Scene8
松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し -Scene9
松井さあや 博多からやって来たパンパン杭打ち騎乗位が大好きな騎乗位の天才候補女子大生はじめてのナマ中出し -Scene10

ユーザーレビュー

  • お勧めします。 ジャケット写真通り

    お勧めします。 ジャケット写真通りでとてもかわいいです。 騎乗位が上手くて今後の活躍が期待できる新人です。 性格も明るいです。

    by mitsu218さん

  • エクボは精子の落とし穴

    Eカップの現役女子大生「松井さあや」のAVデビュー第2弾。福岡出身の元気印。太陽のような明るい性格で、出会った人間すべてを虜にする「天性の人たらし」である。初めてのナマ中出しでも、「いくらでも出してもらって(けっこうです)」と余裕の笑顔。パンツを脱がしてすぐのフ○ラチオで「おおっ、いきなり!?」と驚きの声を上げる男優氏。セックスに対する「アグレッシブさ」がとにかくハンパない彼女。まずは、「ゴムあり」の挿入でスタートするが、正常位の途中で「ナマ」に切り替える。下腹部へ無造作に脱ぎ捨てられる使用済みのコンドーム。得意の杭打ち騎乗位(スパイダー騎乗位)で「パンパン」と軽快な音を響かせ、新人離れしたテクニックを見せつけるさあや嬢。フィニッシュは、正常位で大量中出しである。ケラケラと笑うたびにマ○コから溢れ出るドロドロの精液。さらに、中盤は全裸騎乗位FUCKで問答無用の膣内射精。肉壺ザーメンまみれで「イエーイ!」とノリノリのピースサイン。マイクロビキニ姿の相互オ○ナニーを経て、後半は、全裸ナマ中出し3P。純真無垢な19歳の巨乳少女を二人掛かりで孕ませる鬼のような展開。妊娠確実の大量受精でビクンビクンと痙攣する彼女。元気娘の顔からトレードマークの「エクボ」が消え、「交尾直後のメス犬」へと表情を変える。その境界線のギャップこそが、松井さあやの最大の魅力といえる。デビュー作で「天才」と称えられた十八番の騎乗位もますますパワーアップ。向かうところ敵なしのゴールデンルーキー。

    by 絶対零度さん