HOME > 初愛ねんね > 初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる…

初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる…

嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… 初愛ねんね

出張先ゲリラ豪雨がまさか最悪の展開に‥‥嫌いな上司の絶倫無限ピストンに不本意の連続絶頂!「部長‥‥もう許してください‥‥」いつもは大人しい濡れた地味巨乳が絶倫中年の欲望を刺激する…脂汗にまみれ屈辱の快楽を仕込まれる!地味で目立たない内気な女子社員がセクハラ上司の策略によって濡れ透け性奴●に…「出る出るぞ~また射精するぞぉぉ!!」朝までひたすらイカされ続ける淫乱メス堕ちパワハラFUCK!※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。

サンプルムービーが見れない場合はこちら


タイトル:
嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… 初愛ねんね
出演:
初愛ねんね
リリース日:
2021/01/23
収録時間:
117分
監督:
TAKE-D
シリーズ:
----
メーカー:
kawaii
レーベル:
kawaii
品番:
CAWD-172
平均評価:
5点
配信サイト:
FANZA
ジャンル
寝取り・寝取られ・NTR   辱め   巨乳   ドラマ   パイズリ  
初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… -Scene1
初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… -Scene2
初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… -Scene3
初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… -Scene4
初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… -Scene5
初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… -Scene6
初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… -Scene7
初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… -Scene8
初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… -Scene9
初愛ねんね 嫌いな上司と相部屋雨宿り ズブ濡れメガネ巨乳女子は朝まで不本意なメスイキを仕込まれる… -Scene10

ユーザーレビュー

  • ねんねちゃんの嫌悪感あふれる表情がたまらない!!

    冒頭3分で上司の嫌なヤツ加減をわからせてから相部屋雨宿り。
    ねんねの透け爆乳で興奮した上司はねんねのミスをネチネチ攻めながらカラダを弄ぶ。
    嫌がりながらも弱みに付け込まれて抵抗できないねんね!!
    そしてブラを外され、見事なおっぱいが丸見え!!
    濡れたブラウスのボタンを閉じて透け乳首を堪能!記念撮影も!!
    おまんこおっぴろげの写真も撮られてしまい、フェラ奉仕することに。
    透け乳首にちんぽを押し付けられ、ついに挿入・・・。
    挿入シーンも撮影されてしまうねんね!
    泣きべそかきながら犯●れてお顔にザーメンを食らう!少量なのが残念。

    お次はねんねちゃんにマッサージさせる上司。
    もちろん途中から性的なマッサージへ。
    極上のやわパイでのパイズリ!
    そして嫌悪感をあらわにして睨みながらの手コキで激飛び射精させてしまうねんね!!

    お次はおもちゃ攻め!!
    ねんねの乳首に吸引機を取り付けておっぱいを引っ張って弄ぶ!!
    そしておっぱいを揉みしだいて正常位挿入!
    ここでダイジェストに切り替わり、SEXでカラダを堪能されるねんね。

    続いて性接待の練習!
    全裸土下座がエロい!!
    そしてフェラ奉仕から最後は頭を押さえつけて口内に射精!!

    朝目覚めてすぐ全身を舐めまわされるねんね!
    SEXでは「イっく・・」とついに絶頂を迎えるまでになってしまう!
    巨乳を鷲掴まれて激しく犯●れ、顔面に精子ぶっかけ!!

    最後にはねんねのミスとされていた部分が実は上司のミスだったことを告げられる。
    ねんねは責任を擦り付けられ、オマンコまで犯●れてしまったのだ。
    「今度は社長相手にご奉仕してくれよ!!ハッハッハ・・・」
    泣き崩れるねんねであった・・・。





    by パイズリイラママンさん