HOME > 天使もえ > 天使もえ 焦らしおねだり発狂性交

天使もえ 焦らしおねだり発狂性交

焦らしおねだり発狂性交 天使もえ

必死のおねだりは美しい。挿れたくて挿れたくて…そんな欲望丸出しの美女に、挿れない。すると、もっと綺麗になる。必死の懇願、ついに挿入してあげると情けないほどダメな顔を晒してどんどん人間を辞めてくれる。感情丸出しにしてあの手この手でチ○ポのみを求め続ける、最高の美女だった雌をご覧下さい。※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。特集

サンプルムービーが見れない場合はこちら


タイトル:
焦らしおねだり発狂性交 天使もえ
出演:
天使もえ
リリース日:
2021/02/11
収録時間:
115分
監督:
山口メンバー
シリーズ:
----
メーカー:
FALENO
レーベル:
FALENO star
品番:
FSDSS-172
平均評価:
4.4点
配信サイト:
FANZAMGS動画
ジャンル
お姉さん   フェラ   電マ   淫語   SODGROUP30%OFF  
天使もえ 焦らしおねだり発狂性交 -Scene1
天使もえ 焦らしおねだり発狂性交 -Scene2
天使もえ 焦らしおねだり発狂性交 -Scene3
天使もえ 焦らしおねだり発狂性交 -Scene4
天使もえ 焦らしおねだり発狂性交 -Scene5
天使もえ 焦らしおねだり発狂性交 -Scene6
天使もえ 焦らしおねだり発狂性交 -Scene7
天使もえ 焦らしおねだり発狂性交 -Scene8
天使もえ 焦らしおねだり発狂性交 -Scene9
天使もえ 焦らしおねだり発狂性交 -Scene10

ユーザーレビュー

  • 入れられることだけにのめり込む姿が淫らに美しい

    焦らされて焦らされる前半。オナニーしながらおねだりする姿がたまりません。ようやくの挿入後は激しくピストンするよりグリグリと深く結合部を擦り付けるのがめちゃくちゃ気持ちよさそう。みずから気持ちいい角度とタイミングを探してイク感じがもえちゃんのセックスへの没入感が感じられてグッときます。

    部屋の中を移動しながらのプレイの動きがきちんと考えられていて全く無理がなく自然な感じ。ダレることがありません。画質もとても好みです。もえちゃんの白い肌もより細やかに見えるし、体のラインも優しく色気のある印象に見せています。

    後半はのめりこむようなおねだりと痴態がとてもなまめかしい。男が若干ラフでドライな感じで、おねだりに巻き込まれずペースを握ってる感じが、もえちゃんの火が付いた感じを際立てます。

    発情したもえちゃんをある種冷静に見ながら焦らして蕩かしていき、セックスの力で組み伏せる。浅黒くマッチョな男に華奢で白い体が圧倒されていく感じにとてもそそられます。もえちゃんも前半より積極的に自分から男の体をがつがつとまさぐっていきます。夜の少し暗くぬめっとしたライティングに代わっているのも良いです。

    全編を通じて流れの中のキスが多めなのも高評価。プレイとプレイの間、会話の間のキス、焦らされておねだりするキス、快感の表現のキス、興奮度を上げるキス、アクセントをつけて効果的にキスが入っています。上品なエロさを感じるキスが多いので視覚的にも抜群ですし、甘える感じが親密な雰囲気の演出としてかなり良いです。

    もえちゃんがきれいに撮れていて、プレイがエロティックで、自然に入り込める。シンプルにそれだけで作品を魅力的にできることを改めて感じました。かわいくて淫らなおねだりにこんなセックスしてみたいとテンションがあがります。

    細かい設定やストーリーはなしにして「とにかくセックスを求める美女」というふわっとした存在にすることで独特の浮遊感が出ていて魅力的。

    本当に自分の気持ちのいいイケそうなセックスをお願いしているような姿に設定の上でのもえちゃんとそうじゃない部分のもえちゃんの境目みたいなところを感じられてゾクゾクしました。淫語まみれでセックスをひたすら求めながらも下品にわざとらしくならず、でもエンターテインメントしていてリアルにエロい。そんな大人の楽しみが堪能できる秀作です。

    by じろちゃん/ゆうさんさん

  • まさにおねだり淫乱美女

    自ら肉棒を求めて向こうから絡みあってくる姿はとてもエロいく、
    挿入をしてもすぐに抜かれて肉棒を欲しがる姿はたまんない。
    自分でもおま○こをいじりながら気持ちよくなろうとする姿はこちらの興奮度も高まりさらに焦らしたくなる。ここまで可愛らしく美女が本当に快楽を求めて淫乱な作品はこれが初めてである。

    by 美人×淫乱好きさん

  • 初級編でもあり上級編でもある素晴らしい内容

    (1)紹介文にある最高の「雌」
    今回の彼女の焦らされての「淫らな様」は正にこれ
    おねだりしては焦らされて、おねだりする

    彼女のような素敵な女性を思いのままに焦らす事が出来たら、どんなに最高の気分になる事が出来るだろうか
    そんな「夢」を見させてくれる極上の一時


    (2)(1)を受けて
    焦らされてより美しく、より艶やかに、淫らに変わっていく

    女優さんたるもの、エッチの中で変わりゆく表現力こそが実力の表れかと思いますが、終盤の奥を突かれての歓喜の絶叫に至るまでの変化の過程にドキドキとさせられると共に興奮させられる

    「どこかで見た表情?」と一瞬も思わせない程の表現力
    キャリア7年目に突入しているのに「マンネリ」とか全く感じさせないのは凄い


    (3)(1)(2)を受けて
    序盤で大島氏に言われてオナニーをするシーンがあります。
    ピーンと張り詰めた雰囲気の中、文字通り「自らの世界」に入って自己を慰める。

    焦らされてどうにもならない疼きを自ら解決しようとするものの、完全に満足する事は出来ない。
    部屋の中ですが、ここのシーンだけは覗き見した気分にさせられるのが何とも心地良い。

    (4)後半のシチュエーション
    ホテルの部屋で窓越しに夜景を見ながら、一人の素敵な女性がセクシーな下着姿で淫らに求めてくる。
    男性の姿は見えますが、最高のシチュエーション。

    紹介文にある「最高の雌」を前半とは別の形で表現。


    (5)(4)を受けて。大人の女性が
    彼女の作品でよく見かける所為に「手を口に当てるシーン」があります。
    初期の頃は恥ずかしがってたりしている時によく出てました。

    これに対し、今回は恥ずかしがっている、もあるでしょうが、それ以上に焦らしによる禁欲状態にたまらず、の要素の方が大きい。

    いつもの錯乱状態との相性も抜群。
    普段以上に「大人の」「素敵な」「美しい」女性を強調


    (6)最後に
    焦らしー反動、のよくある設定に
    1構成に工夫を凝らす

    2キャリア7年目に突入した彼女に大いに振舞ってもらう
    だけでこうも変わるとは。

    今回のような見事な「絵」を描くのは誰でも出来る業ではない。
    経験と実力が成すものでしょう。

    「初級編」「上級編」

    どっちの役割でも大丈夫でしょう。
    前作「ただ漏れ~」に続く利便性のある内容に仕上がってます。
    興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。

    by ジョイクンさん

  • 何言ってるかわからない

    激エロなのは間違いなく、それは凄まじいものがあります。

    ただし、彼女の全作品に言えることですが、感じている時に何を言ってるのかわからず、言語不明瞭すぎて見てる側としては全然没入できません。

    今回は対戦相手の黒田さんに「何言ってるかわかんない」とまで言われる始末

    改善を期待しつつ毎作見てしまっていますが、今回も裏切られました。

    by これがいいんだもんさん