HOME > 八木奈々 > 八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した

 

八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した

溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した 八木奈々

【15周年イヤーの最後を飾るのはMOODYZ専属・八木奈々!】罪悪感勃起の第3弾!ついに僕に春がきた!大好きな女の子に告白され付き合う事に!初デートはどうしよう…これで童貞も卒業!…そんな事を考えてた矢先…。え!?何してるの?ダメ!ダメだって!僕は隣の人妻さんに無理やり童貞を奪われてしまった…。初体験が罪悪感勃起。彼女の事が好きなのに全然勃起できない…。罪悪感が無いと勃起できなくなっちゃった!

タイトル:
溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した 八木奈々
出演:
八木奈々
リリース日:
2022/01/14
収録時間:
119分
監督:
ザック荒井
シリーズ:
はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した
メーカー:
溜池ゴロー
レーベル:
溜池ゴロー
品番:
MEYD-729
平均評価:

5点

配信サイト:
FANZA
ジャンル
痴女   人妻・主婦   童貞   美乳   寝取り・寝取られ・NTR  
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene1
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene2
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene3
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene4
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene5
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene6
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene7
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene8
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene9
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene10
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene11
八木奈々 溜池ゴロー15周年YEARコラボ第12弾 はじめて彼女ができたのに…隣に住む欲求不満な人妻さんに食べられ罪悪感勃起した -Scene12

ユーザーレビュー

  • 肉食系若妻に翻弄される童貞君。八木奈々さんのセリフ回しが最高。

     八木さんの2022年1月は2作品リリースとなっています。デビュー2周年記念痴女作品に続く新作は溜池ゴロー15周年記念コラボの一環としてのレンタル主演作。(ムーディーズ専属に変わりはないので1か月2作品は今回限定と思われます。)

     今回は若妻(八木さん)が彼女のできた男子大学生を誘惑して童貞を奪い、更に関係を重ねるお話です。男子大学生の恋人役に初愛ねんねさん。2人の間に割って入る若妻。ある日、コンピューターの設定を教えてもらう事を口実に家に押しかけ、強引に迫って肉体関係を持ちます。童貞君をもてあそぶ若妻。恋人をしり目に誘惑を重ねずぶずぶの関係に。男子大学生は恋人との関係も進めたいと努力するものの、若妻の誘いに抵抗するすべがありません。このところ痴女系作品が多い八木奈々さんですが、今回もどちらかと言うと痴女寄り作品となっており、またまた小悪魔的魅力が大爆発です。

    ※この作品は壁の薄いマンションが舞台となっており、のぞき、のぞかれ、見せつけるが重層的に描かれていることも一つのポイントと感じました。

    by 0721太郎さん