HOME > 三尾めぐ > 三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた

 

三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた

妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた 三尾めぐ

妻めぐの誕生日。仕事が長引いた僕は予約していたケーキをお店で受け取ることが出来ず、0時過ぎに手ぶらで帰宅し謝罪するが、めぐは「気持ちだけで十分だよ、ありがとう」と優しい言葉をかけてくれた。多忙だけど些細な幸せを実感していた。翌日、早く仕事を片付けた僕はケーキを購入していつもより早く家路についた。一日遅れの誕生日をサプライズで祝うつもりで心躍らせながら家に帰ると、妻は見知らぬ男とセックスをしていた。

タイトル:
妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた 三尾めぐ
出演:
三尾めぐ
リリース日:
2022/07/02
収録時間:
110分
監督:
夢咲イチロー
シリーズ:
----
メーカー:
ミセスの素顔/エマニエル
レーベル:
ミセスの素顔
品番:
MRSS-136
平均評価:

5点

配信サイト:
FANZA
ジャンル
人妻・主婦   寝取り・寝取られ・NTR   スレンダー   不倫   中出し   4K   エマニエル  
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene1
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene2
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene3
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene4
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene5
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene6
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene7
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene8
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene9
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene10
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene11
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene12
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene13
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene14
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene15
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene16
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene17
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene18
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene19
三尾めぐ 妻が寝取られている現場に遭遇したのに僕は何もできず、ただ妻が何度もイかされるのを黙って見ていた -Scene20

ユーザーレビュー

  • 本物人妻だからリアルに興奮

    旦那のセックスでは満足できずAV男優と生本番やりたい一心でAVデビューした秋田美人の三尾めぐが、本領発揮のガチ本番でイキまくり生中出しされています。
    なんとも言えない三尾めぐに漂うスケベ臭がリアルに感じられ、本気のセックスで膣内射精を懇願して本物精子を流し込まれる三尾めぐに興奮しました。

    by profbrawnさん