HOME > 小花のん > 小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。

 

小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。

幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 小花のん

会社を辞め、認知症を患った母を介護していたが、その母も半年前に亡くなった。…気づけば再就職も結婚も難しい歳になっていた。わずかばかりの貯金も底をつき、俺は人生の幕を下ろすことに決めた。遺言をしたため、いざ決行…まさにその時だった。昔よく遊びに来ていた隣の花ちゃんがひょっこり訪ねてきたのだ。

タイトル:
幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 小花のん
出演:
小花のん
リリース日:
2022/07/29
収録時間:
119分
監督:
きとるね川口
シリーズ:
幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。
メーカー:
アタッカーズ
レーベル:
龍縛
品番:
RBK-056
平均評価:

3.67点

配信サイト:
FANZA
ジャンル
女子大生   監禁   汗だく  
小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 -Scene1
小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 -Scene2
小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 -Scene3
小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 -Scene4
小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 -Scene5
小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 -Scene6
小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 -Scene7
小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 -Scene8
小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 -Scene9
小花のん 幼い頃から成長を見守ってきた美少女を中年オヤジがネットリ●す数日間の記録。 -Scene10

ユーザーレビュー

  • 高品質の革

    映画はかわいいと思います。ふたりの恋の終わりはいいです。
    それはたくさんの収集に値する映画です。
    こんなに可愛い映画を作ってくれたスタッフの皆さん、ありがとうございました。
    小花のんと杉浦ボッ樹が一緒に新作映画に登場、とってもキュート
    この映画はあなたが見たいものです。私はこの映画をすぐにそして何も考えずに購入しました。

    私はこのタイプの映画に非常にアレルギーがあります。私が本当に好きな映画の要素はすべて映画の中にあります。

    私はタイ人です、日本語が苦手です、ごめんなさい。^_^

    by えすえぬえすさん

  • 難しい…

    タイトル、パッケージ、サンプル動画から推測した内容から、もっと暗い形になっている作品ですね。
    ノリは昔のAV的な感じなので、人により好みが分かれると思います。
    男の決意を揺るがす小花のんさん演じる”隣の花ちゃん”の可愛さ・優しさ・健気さに突け込む1週間で、のんさんの可憐さ・汗・嫌さ・抗い・眠り・淫らさ・諦め…と良い感じに様々な魅力が出ていて良い。
    睡眠薬からの両手拘束強●、浴室での強●、男の暗い決意からのイラマとフェラ、睡眠姦、水着姿での愛撫・パイずり・イラマによる快楽堕ち、憐憫による交わりという展開。
    文字に起こすと構成は悪くないし、各シーンののんさんの演技も味があり、エロい。
    ただ、この手の恋愛感情は無いが好感度のある相手への行為を行うジャンルとしては、男の心情の方向性を1つに絞る方が、視聴者の感情移入はしやすいのですが、今作品は、ビンタと首絞めによる暴力的な流れ・情に訴えた流れ・快楽堕ちさせる流れ、憐憫による流れと4種類の方向性が一つ一つ交代していく訳ではなく、混在してしまったので巧く昇華しないまま進んだのは残念。
    最初は暴力的に男の欲望を満たすためであり、情に訴えた行為の積み重ね、積み重ねによる快楽堕ち、情と快楽の混ざる憐憫による締めでの結末となると良かったと思います。
    どうにも睡眠姦のシーンが流れ的にもプレイ的にも宙ぶらりんになってます。
    ここはのんさんの”生き甲斐を見付けて”の台詞に”今の生き甲斐は花ちゃんなんだ!!!”と襲う所で切って、水着姿での愛撫をもっと濃厚にする方が、作品全体としては欲望・情・快楽・憐憫となり、最後の解放のオチが映えた気がします。
    他のシーンの濃厚さに快楽堕ちのシーンの濃厚さが追い付かなかったことで、全体の濃厚さが少し落ちる感じです。

    by TA-KUMAさん